読書まとめ!

pixiv(ピクシブ)での小説の書き方【ネット小説が簡単に書ける!】

更新日:

小説 書き方 ピクシブ

pixiv(ピクシブ)って便利ですよね!

ピクシブとは、
『お絵かきがもっと楽しくなる場所』
をスローガンとしたSNSです♪

イラストだけではなく、
ピクシブには、
小説やSS(サイドストーリー・二次小説)の投稿機能もあるんです♪

また投稿するだけではなく、
小説やSSの書き方についての、
アドバイスコーナーも設置してあるのも魅力です。

今回はそんなピクシブを利用した、
小説の書き方をまとめたいと思います。

ということで、
pixiv(ピクシブ)での小説の書き方【ネット小説が簡単に書ける!】
をお送りします♪

 

スポンサーリンク

 

ピクシブで小説を書く!気を付けることとは?

pixivの小説には、
3万文字という制限があります。

なので登場人物の数や伏線は、
あまり増やし過ぎると、
収拾がつかなくなってしまうことになりかねないので、
気を付けた方が良いですね。

二次小説の場合、
読者はすでに、
登場人物の性格や特徴を知っていますよね。

二次小説の場合であれば、
キャラの説明や性格の印象付けは必要ありません。

でもだからといって、既存キャラを利用し、
登場人物が増え過ぎてしまうと、
今度は薄っぺらな人物描写になってしまいかねません。

その辺のバランスが重要になってきますね!

そしてウェブ特有の気を付けねばならない部分として、
ユーザーは即刻ブラウザを閉じることが出来てしまう点。

特に冒頭部のヒキや、
章から章へと移る際など、
「この後はどうなるんだ!?」
と興味を惹くことが大変重要になってきます。

pixivを始めとするインターネット無料小説には、
仕方のないことですけどね。
だって無料なんだもんw

お金を出して読んでるのはないし、
『つまらないな~』
と思った小説を、
我慢してまで読む人はいません。

読者に、
『続きが読みたい!』
と思わせる出だしが鍵です。

  • 綺麗な情景シーンを書く
  • ありえない状況を書く
  • どういう状況なのかわからないシーンを書く

といったシーンを書くと、
出だしで読者を引き付けられますよ♪

またネット上だからでしょうか。
顔文字やスラングを使ってしまう、
pixiv小説家は多いです。

例としては「www」とか、
「(><)」などです。

今時と言えば今時なのですが、
カッチリとした小説では、
ほとんど見かけない表現ですので、
多様・乱用は控えましょう。

 

まずは人の小説を書いてみよう!

ピクシブでは、
さまざまなユーザーが、
ネット小説の書き方を教えてくれています♪

まずお手元に、
好きな小説を一冊ご用意ください♪

その小説をパソコンに打っていきます!

そうすることで、
文字の入力の仕方、
文章の流れ、
ストーリーの展開方法などを、
模倣でき学んでいけます。

あくまで練習なので公開しないように、
お気を付けくださいね。

人の小説をひたすら、
書いてみることで文章力が付くのです!

 

スポンサーリンク

 

小説を書く上で欠かせないプロット作りとは?

ネット小説を書く上でも、
大切なのは、
“プロットを書くこと”

プロットとは、

  • 小説の下書き
  • 小説の設計図

のことです♪

小説を書いていると必ず、
自分が何を書いているのか、
わからなくなる時があります。

ですのでプロット作りは、
小説を書く上では【必須な作業】

プロットは確認しやすいようにノートなどに、
手書きで書くのも良いですし、
ワードファイルや共有フォルダに保存しておいて、
ネタを見つける度に保存するとか、
とにかくいつでも確認出来るようにしておくと良いでしょう。

プロットは人に、
見てもらうものではないのです。

ですので自分の見やすいように、
使いやすいように工夫するのがが大事!

プロットの中身は?

プロットに書くべきこととして、

  • 世界観
  • 書きたい事
  • 登場人物の性格・特徴
  • チャプターごとのあらすじ

物語の最後がどんな結末なのかも、
キチンと書いておくことが大事!

プロット通りに書けないことも大いにあると思います。
でもそれは気にしないでください!

良いアイデアが浮かんだら、
どんどん取り入れましょう♪

ただし、小説の結末とテーマは、
一貫しておいてください。
軸がブレると読みづらい小説になってしまいます。

 

小説は初めから書かなくても大丈夫!

小説を書くとき、
『プロローグ』から書いてませんか?

小説は出来上がれば、
どこから書いたかは問題になりません。

『最初の一行からつまづいてしまう』
なんてことがなくなると思いますよ♪

書きたいエピソードがあるところから書きましょう!

箇条書きのようになってしまっても、
それらを繋ぎ合わせれば文章になります♪

そしてやっと書き終わっても、
すぐに投稿してはいけません。

冷静に後日見直してみましょう。

時間を置いて見直すことで、
「ここの文脈がオカシイな・・・」
「誤字発見!」
する効果が見込めます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

pixivには色々な小説の書き方が載っています。
是非参考にしてみてください!

みなさんの執筆生活が、
円滑に進むことを祈ってます!

-読書まとめ!
-, ,

Copyright© 旅行とペットが大好きな読書家 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.