本屋大賞まとめ

『暗黙のゲルニカ』著者原田マハまとめ【プロフィール以上に経歴がぶっ飛び過ぎ!!】

『暗幕のゲルニカ』 原田マハ プロフィール画像引用元:https://www.amazon.co.jp/%E6%9A%97%E5%B9%95%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%AB-%E5%8E%9F%E7%94%B0-%E3%83%9E%E3%83%8F/dp/4103317523

はい、この方も本屋大賞2017年ノミネートに入りましたね!

そう、
原田マハ(はらだまは)さんです♪

今回ノミネートされた作品は、
2016年には直木賞候補に挙がった、
『暗黙のゲルニカ』(新潮社)

コチラの作品で、
直木賞のリベンジ!?を本屋大賞にて果たしてくれるのでしょうか!?

そんな原田マハさんに注目です。

ということで、
『暗黙のゲルニカ』著者原田マハまとめ【プロフィール以上に経歴がぶっ飛び過ぎ!!】
をお送りします♪

 

スポンサーリンク

 

原田マハwikiプロフィールまとめ

  • 生年月日:1962年7月14日
  • 現年齢:54歳
  • 出身:東京都小平市
  • 出身大学:関西学院大学文学部日本文学科
  • 最終学歴:早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業
  • 結婚歴:既婚
  • 子供:不明
  • 兄妹:原田宗典

直木賞というと、
新人~中堅作家というイメージがあるので、
【54歳】と聴くと、
小説家としては大分遅咲きな印象ですよね。

それもそのハズ、
マハさん、
小説家として活動したのは、
2005年、【43歳】の時から。

逆に考えると、
小説家としてのキャリアは、
たったの【10年】程度しかない訳です。

しかし、
その10年が非常に濃い!!

受賞&候補歴がスゴい!

  • 2005年:『カフーを待ちわびて』第1回日本ラブストーリー大賞受賞
  • 2012年:『楽園のカンヴァス』第25回山本周五郎賞受賞/第147回直木賞候補/第10回本屋大賞第3位
  • 2012年:『キネマの神様』第8回酒飲み書店員大賞受賞
  • 2013年:『ジヴェルニーの食卓』第149回直木賞候補
  • 2016年:『暗幕のゲルニカ』第155回直木賞候補

デビュー作となる『カフーを待ちわびて』は、
いきなり大賞を受賞した上に、
大賞の特典として【映画化】

デビューと同時にメディアミックスを果たすとは・・・・
なんとも羨ましい限りですよね!

そして注目の本屋大賞ですが、
マハさん、
2012年にも『楽園のカンヴァス』でノミネートされ、
見事【第3位】に。

2017年のノミネート作、
『暗黙のゲルニカ』は、
直木賞候補にも残った力作です。

今度こそ本屋大賞の栄冠を奪取することが出来るのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

 

経歴が非常に濃い!!!!

マハさん、
受賞歴もお見事ですが、
それ以上に経歴がトンデモナイw

  • 美術館へ飛び入り面接→合格(2年後、結婚と同時に退職)
  • アートマネジメント学校ディレクターへ転職
  • 伊藤忠商事に飛び込み面接→合格
  • 六本木ヒルズ計画へと参画、森ビルへ就職
  • 提携先のニューヨーク近代美術館(MoMA)へ派遣
  • 独立
  • カルチャーライターの仕事も
  • カフーで小説家デビュー

・・・・何者やねん。

これだけエネルギッシュな人ってなかなかいないんじゃないですか?
しかもこの間、
早稲田の二文へ合格&卒業していますからね。

意味が分かりませんw

伊藤忠商事や森ビルなんて、
一流も一流、【超一流】の企業じゃないですかw

それらを蹴って謎の独立を果たし、
アートイベントを成功させ、
ライターの仕事をこなし、
小説大賞受賞?

マハさん、
一人で何人分の人生体験しているんですかwwwww

一つのところに納まりきらない、
計り知れないパワーをお持ちのようですね♪

とはいえ、
28歳の時にご結婚されたご主人とは、
特に離婚の話もありませんから、
夫婦としては、
一つのところで納まっている模様ですw

これだけパワフルな彼女の旦那さんは一体どんな方なのでしょうね?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

アーティスティックな感性で書き上げられている、
『暗黙のゲルニカ』
本屋大賞受賞を期待して待ちましょう!

-本屋大賞まとめ
-, ,

Copyright© 旅行とペットが大好きな読書家 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.